40代でコンサルタントへ転職をお考えの方!

40代コンサルタントの転職情報なら!

コンサルタント業界は、そもそも転職が当たり前の業界で、非常に流通性の高い業界だと言えるでしょう。

そもそもコンサルタント自体、各会社における在籍期間が長くて4年程度というので、非常に流通性は高い業界なのです。なので、一般の日本企業とは異なり終身雇用を前提として働くと言う方が実際珍しいもしくはないといえる業界です。そのため、スキルと実績があることで転職は自在に実現すると考えてよい業界でもあります。もちろん、それは実績、スキルのある方のみの話でコンサルタントの適正のない人は、どのファームへ応募しようとも採用を決める事は難しくなります。

ただ、大体能力が高い方は、自らが転職のアクションを起こさずしても今より条件良く引き抜きにあうのが当然の業界なので、自らアクションを起こさなければならないという条件の転職の場合は、コンサルタントの適正なしとみなされないように正しい努力と対策をとる必要があります。

いずれにしても流通性の高い業界なので、転職は比較的スムーズですし、即戦力がある、能力がある方の採用は当然なので、それらの条件を備えた方の転職に関しては30代、40代と年齢に関係なく転職を果たす事が出来るでしょう。また、この業界で働く方自体、ステップアップを常に目指すため短期間で濃い経験を積んでいますし、一般企業への転職、金融系コンサルタントへの転進という方も多いです。そのため、中途採用が当たり前の業界で未経験者の採用も非常に積極的な業界です。なので、未経験でコンサルタントへ転職といってもそれに伴う求人は確かに豊富です。ですが、コンサルタントを目指す場合、年齢による市場価値もあり、40代より30代、30代より20代の方が転職には有利であることも確かです。

人の出入りが激しい分、それに伴い人員確保に向けた募集が多いですが、有利というのはやはり若い世代という事になって未経験者の場合は尚更その年齢が非常に採用のポイントになります。ただ、この業界は中途採用、未経験者採用も非常に積極的な業界ですから、色々なバックグラウンドからの採用例も多いです。なので、仮に何らかの資格を持っていることでコンサルタント業界への転職には大変に有利に働きます。

いずれにしても40代でコンサルタントへ転職するには、経験の有無によって採用率も異なりますが、関連スキルの有無によっても採用率が異なります。ゆえに40歳、未経験でのコンサルタント転職には、コンサルタントの適正ありとみなされ効果的な対策を取り転職を確実に有利にするためにもこの業界に特化する転職エージェントのサポートは必須です。

コンサルタントへの転職ならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら