公認会計士からコンサルタントへ転職をお考えの方!

公認会計士のコンサルタントへ転職

コンサルタントへの転職をお考えの場合、業界に関連する資格があれば、それは確かな強みになりますし、存在における市場価値を上げる事となります。そもそも転職が多いこの業界は、年齢が市場価値になります。ですが、年齢に関係なく公認会計士であるとか、弁護士等の資格があれば、その資格が市場価値を上げる事となり、企業の即戦力となるため転職においても大変有利に働きます。

公認会計士であれば、財務アドバイザーファーム、再生ファーム等がその資格を高く評価してくれるコンサルティング会社かと思いますし、会計コンサルティングファーム等もこうした資格があれば、非常に転職には有利に働きます。士業系の資格は、コンサルティング会社にとっても非常に必要な専門性、企業の強みとなるため、こうした資格を持っていれば、転職をよりスムーズに運ぶ事が出来るのです。

なので、本来はコンサルティング会社を目指すにあたり、こうした資格を有する事がベストとはいえますが、転職のためにこうした資格をとるというのは非常に厳しいのが現実です。そのため、こうした資格がすでにある方が、仕事の幅を今以上広げるためにコンサルティングに転職すれば、大変有利に働く事はもちろん評価も高くなるといえるわけです。

仮に医師等の資格をお持ちで、今の仕事だけでなく色々と幅を広げたいと考えれば、戦略系のコンサルティングファーム等でその資格を大いに活かす事が出来ますし、戦略系のコンサルティング会社であれば高い評価を受ける事が出来ます。

士業系の資格は、すでに持っていればコンサルティング業界には非常に有利。しかし、これから転職のためにというのは、かなり重荷になるかと思います。社会保険労務士の資格があれば、人事系ファームへの転職にはかなり有利に働きますが、アクチュアリー等も人事系ファームの転職で高い評価を得られます。公認会計士なら財務系コンサルティング会社が転職には有利。

士業系の資格は、それぞれの資格で評価される会社と役に立ち資格がそれぞれ異なると思いますが、いずれにしても関連する資格がすでに持っていることで各コンサルティング会社への転職には非常に有利に働きます。ただ、基本的にコンサルティング会社への転職に邪魔にならずに評価されるスキルは英語スキルなので、こうした士業系資格+英語スキルを持つことによって、かなりの評価を受ける事が出来ます。しかし、コンサルティング会社への転職にはTOIEC700以上は必要と言えるでしょう。

コンサルタントへの転職ならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら