外資系企業のコンサルタントへ転職をお考えの方!

外資系会社へコンサルタントの転職なら

外資系への転職は非常に厳しいというのが現実です。ただ、コンサルタントという仕事をする中で、外資系に興味がある方も実際多く、そこを目指されるコンサルタントの方も実に多いことも確かです。ですが、実際のところ、外資系ファームへの転職は容易なことではなく狭き門である事も確かであるため、そこを通過し求人を自分のものとするには、それなりの対策と準備が当然必要になります。

仮に外資系の中でも戦略系のコンサルファームを目指す場合は、合格率がたったの1%も満たないと言われているため、非常に狭き門である事は十分に頭に入れた上でアクションを起こす必要があります。

では、どうすればこの狭き門を突破できるか?実はこの狭き門を突破するには、ファーム側のチェックポイントを十分に理解することで解決しますし、狭き門を簡単に突破する事が出来ます。要するに、こうした外資系を目指す方の多くが、外資系に入りたいとばかり考え、企業側の求めるポイントをよく理解せずに応募している。そのため、採用に至る対策が間違っており、合格できないというパターンが大半という事になるのです。

一番、コンサルタントが転職するにあたり重要なポイントはコンサルタントの資質の部分。要するにコンサルタントの適性が無ければ、どこの企業、どんな会社でも採用はつかめません。コンサルタント求人はいずれにおいてもコンサルタントの適性が不可欠なので、ここが×となれば、いくら能力が高く経験があっても採用をつかむ事はできません。もちろんこれは、合格率の低い外資系ファームも同様。コンサルタントの適正が無ければ採用はつかめませんし、適性があると判断されれば、コンサルタントに伴う需要は高いので採用もつかめます。

■理論的思考能力とは一体何か?

この部分がコンサルタントの適性をみるのに重視されるポイントですから、コンサルタントとして外資系でその専門性を活かしたいと考える場合は、まず自分の経験を上手にコンサルタントならではの翻訳すること。そしてそれを上手く変換し、構造化しながら、それらを端的に企業側に伝えなくてはいけません。外資系を目指すなら翻訳、変換、構造化&端的に説明&アピールが肝心です。

仮にコミュニケーション能力が自分は他コンサルタントよりも長けていると言える方でもその専門性とコンサルタントならではのものをしっかりと考え理論的思考で端的にまとめ、伝える必要があります。要するに、外資系が特に狭き門と言われる部分は、こうした企業側が採用に重視するポイント部分をしっかりと理解せず、簡単に表面的な対策で挑戦しようとする方が多いためです。コンサルタントの適正とは何か?を理解することで、どのような深堀にも動じることなく応えられ、端的に説明しアピールする事が出来、結果希望の外資系求人を確保する事が出来ます。

コンサルタントへの転職ならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら