弁護士からコンサルタントへ転職をお考えの方!

弁護士のコンサルタントへの転職

コンサルタントへ転職する場合、その業界に関連する資格があることで転職を有利にする事が出来ます。

基本的には経営学修士となるMBA資格があれば、転職には大変有利となりますが、士業系の資格や英語スキル、ベンダー資格等も持っていることで転職には大変有利に働きます。それが、弁護士という資格であれば士業系の資格となるので、今以上の仕事の幅を広げる結果を招く事が出来ます。

士業系の資格とは、弁護士資格をはじめ税理士や中小企業診断士、公認会計士等が該当しますが、こうした資格を持つことで転職は大変有利です。仮に弁護士資格を持つ方がコンサル企業への転職を果たす時、その専門性が企業組織力の強化を図る事が出来ます。更に企業内で生起する問題に対し法的アドバイスが提供できますし、紛争もしくは調査案件のサポート業務等を行う事も出来るので、弁護士がコンサルタントへ転職するのは、非常に有利なのです。

なので、コンサルタントへ転職を検討される場合、この弁護士はじめとする士業系の資格は非常に有利です。ただ、関連資格はあればあるほど非常に転職には有利に働きますが、弁護士資格だけでなく+αがあればもっと有利になります。例えば、弁護士資格+英語スキルなどを持つことで弁護士資格だけよりも更に転職には有利に導きます。いずれにしてもコンサルタントへの転職には、業界に関連する資格があることで評価が高くなりますし、市場価値も上がりますので、弁護士という武器があればコンサルタントへの転職にも非常に有利に働きます。

ただし、コンサルタントファームによる募集というのは、マネジメント能力やコミュニケーション能力の部分が重視されますし、要する部分。なお且つ、チームプレイヤーであることも求められます。そのため、資格を持つだけでも適性が欠如すれば採用をつかむ事は出来ませんし、転職も実現しませんので、転職をお考えの場合には「企業が求める人材とは?」という部分も十分に理解、把握した上で対策をとることも重要です。

ちなみに弁護士が転職しコンサルタントになる場合、平均年収は経験やスキルによって異なりますが、1500万円程度が一般です。いずれにしても弁護士という資格をお持ちであれば、コンサルタント転職には大変有利ですし、需要も高くなります。ただ、この業界は年齢が市場価値という部分も大いに考えられるので、コンサルタントへの転職を考える場合はより早いアクションが必要になりますし、この業界に特化した転職エージェントの利用も万全な対策には不可欠と言えるでしょう。士業系の資格はコンサルタントの転職に非常に有利に働きますが、確実に成功に導くには万全な対策と目指すにあたる心得が大切です。

コンサルタントへの転職ならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら