コンサルタントへ転職するのに有利な資格!

コンサルタントの転職で有利になる資格

コンサルタントの転職において有利になる資格には、経営学修士、英語スキル、ベンダー資格等があげられます。また、士業系の資格も有する事により転職において強みになると思います。ただ、コンサルタントとして転職するにおいて、いちばんに有利になる資格はMBAとなる経営学修士といえるでしょう。この資格はそもそも2年間の専門課程を経て経営に関する理論を幅広く学ぶことになるため、コンサルタントとして転職する際には非常に強い武器になるでしょう。

MBAとなる経営学修士の資格があれば、経営戦略においてもマーケティングにおいても実践的スキルを持っているとみなされますから、経営学修士というスキルを持っていれば、転職自体もスムーズに運びますが、そのスキルを持ち専門性が高いと判断されることによって転職云々というより、他コンサルタント会社により引き抜かれ新たなステージに立つことも可能となります。ただし、転職における有利な経営学修士とは、一流の経営学修士卒業です。

コンサルタントは、中途採用も積極的な企業が多く、未経験者の採用も積極的企業が多いですが、転職をスムーズ且つ円滑にするためには、それなりのスキルを要する事が必須となりますし、転職に伴う志望動機も非常に重要なものとなります。

また、コンサルタントとして今以上に仕事の幅を広げたいと言う場合に有利な資格は、士業系の資格となります。例えば、弁護士であるとか、税理士という資格があれば、今以上に仕事の幅を広げる事が出来ますし、中小企業診断士なども仕事の幅を広げる事が出来ます。

仮に公務会計士という資格を持っていれば、財務系のコンサルティング会社への転職に有利となりますし、企業会計のシステム構築関連のコンサルティングをしたい場合でも有利となるでしょう。税理士等は財務アドバイザーファームへの転職に有利でしょうし、会計コンサルティングファーム等への転職にも有利です。人事系のファームへ転職を希望する場合は、コンサルティングというスキル以外に社会保険労務士等の資格があれば非常に有利に働きます。

このようにコンサルタントは、その専門性以外にプラスαを備えることで、やはり今まで以上の活躍が期待できますし、仕事の幅自体もどんどん広げられます。仮にコンサルタントスキル以外に医師の資格を有すれば、そのスキルを活かして戦略系のコンサルティングファームへの転職に有利になるでしょう。

コンサルタントへの転職ならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら