中小企業診断士のコンサルタントへ転職をお考えの方!

中小企業診断士のコンサルタントへの転職

コンサルティング会社への転職を考えた時、中小企業診断士という強みがあれば、転職においても非常に有利です。ただ、各コンサルティング会社では、必要な専門性が異なりますので、中小企業診断士の資格をお持ちであれば、やはり中小企業を対象としたコンサルティング会社の転職がお勧めです。

中小企業診断士の資格は、中小企業を対象としたコンサル会社へ転職を考えるにあたり、非常に資格が有利に働きますし、評価を高める事も出来ます。しかし、仮に保有する士業系資格でも公認会計士となれば、その専門性を評価するのが、財務系のコンサルティングファームなので、転職に際しそうした会社を希望する事がお勧めです。

同じ士業系資格でも各分野において必要となる資格は異なりますから中小企業診断士はその専門性を評価するところ、弁護士はその専門性を評価するところを上手にしぼり、転職のアクションを起こす事が転職をスムーズにさせます。企業によって、役立つ資格とその資格を評価する会社は異なりますので、その辺を十分に理解した上で転職のアクションを起こせば、転職もよりスムーズになります。

ただ、士業系資格だけでなく、コンサルティング会社への転職には英語スキルも評価されますのでスムーズな転職を果たすためにも士業系資格+英語スキルも身につけておく事が必要です。例えば、英検やTOIEC。こうした英語スキルを持っていて、なお且つ士業系資格を有するとなれば、コンサルティング会社にとっても非常に高く評価に出来る人材とみなされます。

また、各企業により役立ち資格が異なり、同じ士業系でもそれぞれ違いますが、簿記等も取得済みであれば非常に転職において有利に働きます。ですが、コンサルティング会社で高く評価される簿記資格となれば、2級以下ではいけません。最低でも1級資格が必要になります。ちなみにTOIECの場合は、最低でも700店以上のレベルで大体安心なレベルですから、それ以上のスキルが必要であると認識する必要があります。

このようにコンサルティング会社へ転職するには、士業系資格が非常に有利ですが、コンサルティング会社で転職を成功させるには英語スキルや簿記、ベンダー資格なども非常に転職を有利にさせます。ですが、ここで間違ってはいけないのは資格をただ持っているだけでは評価されないと言う事。いずれの資格も中途半端なものなら評価されるどころか意味が無いという事も十分に踏まえなくてはいけません。

コンサルタントへの転職ならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら