エネルギーコンサルタントの求人をお探しの方!

エネルギーコンサルタントの求人情報を探すなら!

エネルギーコンサルタントの求人は、工業や商業施設等のお客様へエネルギー管理支援業務を行います。そのため、求人に伴う応募資格は、空調、照明等のエネルギー士用設備全般に関した設計や施行管理経験者でなければいけません。なお且つ、ゼネコン設備設計等の関する管理経験であるとか、空調メーカー設備設計等に関する管理経験者でなければいけません。

エネルギーコンサルタント求人は、エネルギー使用設備全般に関する設計あるいは、施行管理経験が無ければいけませんし、求人によってエネルギー管理士の資格を要する場合もあります。いずれにしてもエネルギーコンサルタント求人を確保するには、それに伴うスキルはもとより関連する資格をお持ちであれば、そのスキルや経験が評価される事になります。逆に未経験でコンサルタントを目指す場合は、エネルギーコンサルタントの求人を確保するのは各企業によっては条件等が異なりますが、難しいと考える必要があります。

エネルギーコンサルタントの場合は、各企業、求人により平均年収が異なります。ただ、一般にエネルギーコンサルタントの年収は500万円〜というのが一般です。エネルギーコンサルタントの場合は、収集データの分析業務はもちろんのこと、それに伴う報告書作成業務もありますが、分析所を基にした現地調査、省エネ提案業務等も任されます。しかも、省エネ法に基づいた広報現地調査等も担う事がありますし、データ集計システムの提案業務も行わなければいけません。よって、そうしたエネルギー管理支援業務にまつわるスキル、専門性が無ければゼロ〜スタートするのは非常に厳しいため、他業種からの転職は難しく未経験者の採用も比較的ありません。

エネルギーコンサルタント求人をスムーズに確保するには、エネルギーコンサルタントにまつわる実績と経験です。これらが無ければ、エネルギーコンサルタント求人の確保はとても厳しいです。年齢がこの業界の市場価値であり、経験やスキルがものをいう世界とも言われているため、エネルギーコンサルタント求人は、その分野の専門性と経験の有無で求人確保が決まります。

いずれにしてもエネルギーコンサルタント求人は、それに伴う専門性があり、コンサルタントに関連したスキルがあれば強みになります。なお且つ、コンサルタントの適正もあることで求人確保はスムーズです。ちなみにコンサルタントを目指される場合、強みとなる資格はMBA、弁護士等の士業系資格、ベンダー資格、英語スキルとなります。

コンサルタントへの転職ならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら