物流コンサルタントの求人をお探しの方!

物流コンサルタントの求人情報を探すなら!

物流コンサルタントの求人における応募資格は、物流の構築、分析、実行出来る事はもちろん、それらの経営層への提案文書などが作成出来る事と資料の作成実務も可能な方となります。物流コンサルタントといえども、各企業によって求められるスキルや経験は異なりますが、仮にグローバル物流コンサルタントを目指す場合は、尚更そうした構築や分析に伴う実務に従事した経験が必要となります。

各企業によってコンサルタントへ求められるスキルは異なりますし、経営コンサルタント、物流コンサルタントでは、求められる関連スキルが異なります。そのため、同じコンサルタントでも目指す分野によって必要となる関連資格に関しては十分にチェックし求人を探さなければいけません。

通常、コンサルタントはどの分野のコンサルティングを目指すにしても関連スキルがある事によって強みとなりますし、転職においても非常に有利です。例えば、経営学修士等の資格があれば、経営、その他コンサルティング業務を幅広く習得している事になり、どの求人を目指すにしても大変有利な強みになります。また、弁護士、会計士、医師等もこうした資格があることで大変仕事の幅を広げられ、そのスキルを活かせるコンサルティング企業は豊富です。

仮に英語スキル、TOIEC700点以上のスキルがあれば、物流コンサルタント求人を狙うにしても大変有利です。基本的にコンサルティング業界への転職には、コンサルティングに伴う実績や経験、スキルはもとより、語学力は非常に強みになりますが、英語力はコンサルタントに不可欠となるスキルなので、こうしたスキルを高めていれば、求人確保にも大変有利です。物流の中でもグローバル物流を狙うなら、尚更語学力を持つことが求人確保の強みになります。

ただし、コンサルティング求人をスムーズな確保に導く語学力は、最低でもTOIEC700点以上でビジネスレベルの語学力を要します。なので、文書読解が出来る事はもちろんのこと、作成もでき、会話も出来る事が必要になります。

ちなみに物流コンサルタントの求人における募集年齢は、平均30歳〜45歳以下というものが多いです。コンサルタントの転職において、年齢が市場価値となると言われておりますが、物流コンサルタントの関して言えば、募集する年齢層が若干他コンサルタントよりも高めになっています。いずれにしても物流コンサルタントの求人を確保するには、物流の構築、評価分析が出来、それらの基づいた経営層への提案文書作成ができる事が条件がつけられる傾向なので、経験と実績は不可欠となります。

コンサルタントへの転職ならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら