金融コンサルタントの求人をお探しの方!

金融コンサルタントの求人情報を探すなら!

コンサルタント業務の中でももっともキャリアアップが期待できる分野が金融部門です。専門的な知識や時代の流れを読む先見性、さらにそれを具体的に説明しつつ適切な提案を行っていくプランニング能力…コンサルタント業でもとくに高いスキルが求められる仕事なのです。しかも法人を顧客とする機会も多いだけに責任も重大です。

こうした事情から金融コンサルタントの求人はその大半が実務経験を大前提にしています。未経験からの就職は極めて難しいと言わざるを得ないでしょう。ただし、その実務経験は金融コンサルタントの業務のみに限定されたものではなく、銀行や証券会社など金融系の企業での経験も含まれます。こうした分野での実務経験がある方はそれがどれだけアピールポイントになるのかを確認したうえで求人探しを行っていくべきでしょう。

それからどのような商品を取り扱い、どのような客層を相手にする仕事なのか。この点は金融系のコンサルタント業務を行っているコンサルタント会社でも方針や過去の実績によってずいぶんと異なってきます。大企業など規模の大きな企業をおもな顧客層としているところ、中小企業や個人事業主を顧客層としているところ、さらに個人を顧客層としているところ。それぞれの分野によって仕事内容が異なるのはもちろん、求められる資質そのものも大きな違いが出てきます。大企業の場合は税金対策は海外進出に関わるコンサルタント業務がメインの仕事になるので国内だけでなく他の国の税制に関する知識や英語・中国語といった語学力が必要になることが多くなりますし、中小企業、個人事業主の場合は資金繰りに関するコンサルタント業務がメインになります。そして個人を対象にした場合には資産運用をメインにしたライフプランニングが最大の仕事となるでしょう。

そのため場合によってはそれぞれの仕事に対応できる資格が必要になることもあります。税理士、ファイナンシャルプランナー、中小企業診断士など。求人情報で求められる資格まで詳しく掲載されていることは少ないため、それぞれの会社の業務内容をよく調べたうえで自分が保有している資格がどれだけ役立つかを見極めることも大事です。当然役立つ資格を持っている方が採用の際に有利になりますし、経験が不足している分を補うこともできるでしょう。

こうしたポイントを踏まえたうえで将来のキャリアも考慮して希望に適った職場を探していきましょう。その職場でスキルを身につけながら他の資格の取得を目指していくといった自信のライフプランニングも立てておきたいところです。

コンサルタントへの転職ならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら