不動産コンサルタントの求人をお探しの方!

不動産コンサルタントの求人情報を探すなら!

不動産コンサルタントの求人は当然不動産事務所をはじめとした不動産関連の企業・事務所から探すことになるわけですが、その際には事務所の規模や職場の待遇、実際に担当することになる業務の内容についてしっかりと確認しておく必要があります。

不動産が資産運用の手段としてさまざまな可能性を秘めるようになったことで不動産コンサルタントの仕事が増加しています。というより資産運用の手段としてさまざまな形で活用されるようになったからこそ不動産コンサルタントが活躍する場が増えているといってもよいでしょう。そのため不動産事務所によって行っている業務も、コンサルタントの内容にも違いが出てくるケースが増えています。

不動産コンサルタントは土地の購入(資産運用の手段としての購入も含め)に関するコンサルタントだけでなく、相続税対策や処分のためのコンサルタント、事業の承継・再構築、貸家の問題などさまざまな分野に及びます。基本的にはこれら不動産に関わる問題や対策をすべてカバーできるのが理想的なのですが、それぞれの分野で専門化が進んでいくにつれてひとりの不動産コンサルタントが担当するのは難しくなっている面もありますし、事務所においても全体をカバーしつつ、強みのある分野を押し出す傾向が強まっています。ですから求人を出している事務所がどんな人材とスキルを求めているのかをはっきりと確認しておく必要があるのです。これまで自分が培ってきたスキルが活かせる分野、自分が担当したいと思っている分野で働くことができるのか。この点は求人情報だけでは詳しく確認することができない面もあるだけに注意したいところです。

それから求人を出している事務所や企業のタイプ。個人経営の不動産事務所はもちろん、大手の不動産仲介会社、銀行グループ系列、ゼネコン系列、住宅メーカー系列、さらにはフランチャイズ展開を行っているグループ系列などさまざまな種類があります。それぞれのタイプによって運営方針や待遇に違いが出てくることもあります。それほど際立った違いはないかもしれませんが、ひとつひとつの求人を確認しつつ全体の傾向を確認しておくとよいでしょう。

あとは応募上限。不動産コンサルティング技能登録者の資格や一定期間の実務期間などのキャリア・スキルを条件としているところも少なくありません。未経験やあまり経験がない状況での転職を目指す場合にはハードルが低いところをピックアップしていく必要も出てくるでしょう。どうしても経験者が優遇される業界でもありますから、自分がチャンスに恵まれそうな求人を見つけ出せるかが転職に成功するかどうかの鍵となりそうです。

コンサルタントへの転職ならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら